読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・しかくまにあ

資格と投資と趣味と

僕がこれまでに乗った観光列車の見どころとやるべきことを教えるよ

f:id:kmsr226:20160503232052j:plain

先日の熊本での地震により運休していた「あそぼーい!」が、GW中に門司港博多間を臨時運行しているようですね。

trafficnews.jp

僕は結構観光列車が好きでいくつか乗っているのですが、あそぼーいは乗ったことがなかったのでこれを機会に乗ってみるのもよさそうです。きっぷが取れるかどうかわかりませんが…。

せっかくなので、僕がこれまで乗ったことのある観光列車の感想を書くことにします。写真は撮ってたはずなんだけどなあ…。乗った証拠として、乗車証明書があるものは載せていきますね。

九州管内編

ほぼ九州管轄内ですが、違うのもあるので分けてみた。ほかで乗ったら追記しようと思っています。

ゆふいんの森

f:id:kmsr226:20160503205921j:plain

www.jrkyushu.co.jp

博多から湯布院を通って別府まで走る特急列車です。僕はこのとき湯布院に泊まったので、博多-湯布院間に乗車しました。

ゆふいんの森はハイデッカー車となっていますので、駅でほかの車両と並んだときは、上から見下ろすような感覚で乗ることができます。なんだか優越感w

沿線にある「慈恩の滝」は見どころで、観光列車らしくその付近では停車をし、アナウンスが流れます。「慈恩の滝」の写真を撮るなら、湯布院方面に向かうときは進行方向右側、博多方面に向かうときは進行方向左側の指定席を取ることをお勧めします。

SL人吉

f:id:kmsr226:20160503210422j:plain

www.jrkyushu.co.jp

やっぱりSLに乗りたい!ということでSL人吉です。熊本から人吉まで走っています。

博多からだと一度新幹線で熊本まで出てから乗ることになりますね。九州新幹線さくら、おすすめ。

この列車は、後方に展望車両がついていますので、乗ったら一度は展望車両に足を踏み入れることをお勧めします。特に線路の移り変わりが好きな方!僕ですか!

到着駅の人吉駅には今では珍しい(であろう)駅弁売りのおじさんがいます。せっかくなので、僕はおじさんから駅弁を買いました。SL終わっちゃったのにどこで食べるのって?ここからがこの路線の楽しいところ。列車の旅はまだ終わっていないのです。

いさぶろう・しんぺい

f:id:kmsr226:20160503211125j:plain

「いさぶろう」だったり「しんぺい」だったりします。人吉から吉松まで僕は乗りました。下りなのでいさぶろうだったかな。そして、皆さんお気づきですか?そう、SL人吉から乗り継ぐことができるのです。駅弁はここで食べますよ!!

この路線の見どころはループ&スイッチバックです。ループの中にスイッチバックがある線路は日本でもここだけなんだとか。

f:id:kmsr226:20160503212732p:plain

(画像はJR九州HPよりお借りしました)

また、真幸駅では幸せのきっぷを購入することができ、大畑駅では名刺を駅舎に貼ると出世するという噂より、たくさんの名刺が駅舎に貼られているのを見ることができます。僕も名刺を貼ってきましたwこれに乗るときはぜひ名刺を持って行ってみてください。

はやとの風

f:id:kmsr226:20160503213556j:plain

www.jrkyushu.co.jp

吉松駅には特に何もありません(失礼)ので、ここでははやとの風に乗り換えます。吉松駅から鹿児島中央まで行くことができます。もはや観光列車祭りですね。

ついでに鹿児島観光もできて一石二鳥です!

この列車は、地元の方々の足にも普通に使われているらしく、自由席があります。そのため、指定席は少なくなっていますので、意外と指定席が取りづらいです。僕も、最初きっぷを買いに行ったときは取れず、キャンセル待ちで購入しました。この列車に乗りたいときは、早めに切符を取ることをお勧めします。

指宿のたまて箱

f:id:kmsr226:20160503213813j:plain

www.jrkyushu.co.jp

通称、いぶたま。鹿児島中央駅から指宿駅まで。

この列車は玉手箱らしく、ドアが開くときに煙が出る粋な演出があります。年を取ってしまうことはありませんが…。また、お勧めはいぶたまプリン。数に限りがありますので、早めに購入することをお勧めします。僕は上りも下りも乗りましたが、上りでは売り切れで買えませんでした…。

この列車には、さすがに上記観光列車祭りの時には乗りませんでしたが、別日に乗りました。そして指宿で乗り換え、九州最南端の駅「西大山駅」へ。問題は、西大山駅にはちょっとしたお店以外に何もないことと、指宿に戻る列車が一時間くらい来ないことw僕は待ちましたけどね!!!どうしても最南端に行きたかったので…。この時以外に行くタイミングもないだろうと。時間に余裕があって、待てる方は西大山まで行くことをお勧めします。ちゃんと時間調べて行ってね!!

海幸山幸

f:id:kmsr226:20160503224342j:plain

www.jrkyushu.co.jp

海幸山幸は宮崎から南郷まで走る観光列車です。

見どころはやはり「鬼の洗濯板」。南郷に向かって左側に見えますので、そちらの席を取るべし。ただし、自由席もありますので、指定席が取れなかったときは早めに宮崎駅に向かって自由席に座るのもよし。早めに行けば普通に自由席に座れますよ。

南郷はね…何もないんですよ。ここも反対向きの電車は1時間くらい来ないので、僕はコンビニで時間をつぶしましたwバスで道の駅には行けるみたいですが、僕の目的は観光列車に乗ることなので行きませんでしたね。

やはり忍耐です。

本州管内編

九州の観光列車はまだありますが、僕が乗ったことがあるのは上記で以上。また乗った際は追加します。次は本州編。

SLやまぐち

f:id:kmsr226:20160503225400j:plain

www.jr-odekake.net

新山口から津和野まで。SL人吉に次いで2種目のSLです。

このSLのシートには「大正風」「明治風」「昭和風」「欧風」の4種類がありますが、僕は「昭和風」に乗りました。結論から言って、昭和風はふつう。明治風か欧風が素敵でした。下記参照です。

www.jr-odekake.net

津和野駅に着いたら、絶対見てほしいのは転車台。駅を出て、左の道へずーっと行くと、転車台を見学できるスペースがあります。ぜひ見てみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?観光列車、楽しそうでしょ。

いずれは九州管内の観光列車は全部乗りたいと思っています。残りは、

A列車で行こう

・あそぼーい!

九州横断特急

・或る列車

ななつ星

ななつ星は厳しいかな…。老後の楽しみかも…。

また、乗った際はこの記事を更新したいと思います。みなさんもぜひぜひ、観光列車楽しんでくださいね!

 

広告を非表示にする